総会・大会・セミナー

日本不動産学会 シンポジウム

山岳国立公園管理の将来
(レクリエーション・登山のための利活用を探る)

            
主 催公益社団法人日本不動産学会
後 援
国土交通省、独立法人住宅金融支援機構、
一般社団法人全国住宅産業協会、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、
公益社団法人全日本不動産協会、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会、
一般社団法人不動産証券化協会、公益財団法人不動産流通推進センター
一般社団法人不動産流通経営協会、一般財団法人民間都市開発推進機構
その他調整中(五十音順)
開催日時2021年11月10日(水)15:00〜18:00
開催方法インターネット(Zoom)配信
公開形式一般公開・無料
定 員200名(先着順)
申込期限2021年11月4日(木)
開催趣旨   日本は中部山岳地域をはじめとして美しい山々に恵まれている。魅力的な登山道が縦横に走り、訪れる登山者を惹きつけてやまない。しかしこの山岳国立公園において、レクリエーション目的での利用のための管理をめぐって多くの問題が起きている。
 登山道の整備など登山者を迎え入れる「山の管理」を担っている山小屋は、宿泊サービス以外の登山道の管理やトイレの設置、遭難者の救護についてボランティアを強いられている。近年こういった無償による管理に限界が見える。特にコロナウイルスの影響によって登山者が激減し山小屋をめぐる経営は非常に厳しい局面を迎えている。
 この点について、山小屋の使用許可など法的根拠を明らかにした上で、登山道の管理をどのように行うか、新たな対応が求められている。また、山岳国立公園の管理をめぐっては、国有林の所有主体である林野庁と、国立公園を所管する環境省という二重の行政が関わり、しかも双方が山岳地域の利用方法について異なる姿勢を持っている。特に林野庁は、森林資源の保護、という行政目的から、レクレーション目的による利用に必ずしも積極的でないとも言われる。これに対して環境省は、山岳の景観を含めた環境保護の観点から、レクレーション利用にも一定の理解を示すとも言われる。
 このような両者の行政目的の違いが山岳国立公園の管理に影響を及ぼしていると考えられる。 両者はそれぞれ国有林野法・自然公園法という別の性質の法律によって行動し、現実の山岳地域の利用方法と齟齬を生じさせてはいないだろうか。森林資源、環境資源、レクレーション目的の登山者への利活用など、調和のとれた規制や政府介入のあり方は何だろうか。
 このような問題意識の下、登山道の管理や山小屋の経営、さらに複数の公益目的を両立させていくための留意事項など、多角的、実践的、学際的な視点から観察を行うことで、特に、レクリエーション目的で山を楽しむ登山者の協力を得ることを前提とした、山岳国立公園の管理をめぐる新たな方向性を探究することとしたい。
プログラム
<パネルディスカッション>
パネリスト:
伊藤 太一 (江戸川大学国立公園研究所客員教授)
花谷 泰広 (登山家 First Ascent代表 甲斐駒ヶ岳七丈小屋管理者)
熊倉 基之 (環境省自然環境局国立公園課)
久末 弥生 (大阪市立大学大学院都市経営研究科教授)
コーディネーター:
太田 昌志 (千葉商科大学国際教養学部准教授)
<参加申込方法>
下記@〜Dをご記入の上、メールでお申し込み下さい(電話、FAXおよび郵送による参加申込は受付できませんのでご注意ください)。ご参加いただける方には、開催日が近くなりましたら、メールにて、参加用URL、パスワード、資料入手方法等をご連絡いたします。
    @催し物名称 (「11月10日シンポジウム」と記載ください)
    A氏名
    B区分(本学会会員、後援団体関係者(団体名)、一般のいずれか)
    C勤務先・所属
    Dメールアドレス(記載された先にご連絡いたします)
<参加者の皆様への注意事項>
・視聴にはPCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
   通信料は参加者のご負担となります。
・インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合が
   あります。また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合がありますが、
   予めご了承ください。
・受講中の録音・撮影等は固く禁じます。
・参加用URL等をシェアすることは固くお断りいたします。
<新型コロナウィルス対応について>
当学会では、Zoom開催会議を含めて、新型コロナ感染症対策は以下のとおり万全の対策を行っております。
   ■当学会の行事等に参加されます皆様へお願い
・感染予防のため、ご来場の皆様におかれましては出来るだけマスクの着用をお願いいたします。
・会場入口等にアルコール消毒液を設置していますので、ご利用をお願いいたします。
・感染予防のため、登壇者やスタッフがマスクを着用させていただく事がございます。
・発熱や咳などの症状がある方はご来場をお控えください。
・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方や、感染拡大している地域や国への訪問歴が14 日以内にある方につきましては、参加をお控えいただきますようお願いいたします。
  

  • <お申込・お問合せ>
  • 公益社団法人日本不動産学会 事務局