総会・大会・セミナー

日本不動産学会 2017年度春季全国大会シンポジウム

水害リスクと不動産

主 催公益社団法人日本不動産学会
共 催(予定)
独立法人住宅金融支援機構
後 援
国土交通省、独立行政法人都市再生機構、一般社団法人不動産協会、
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会、公益社団法人全日本不動産協会、
一般社団法人不動産流通経営協会、一般社団法人全国住宅産業協会、
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会、一般社団法人不動産証券化協会、
一般財団法人不動産適正取引推進機構、一般財団法人民間都市開発推進機構、
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会 (順不同)
開催日時2017年6月1日(木)13:00〜15:45
開催場所すまい・るホール(東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融支援機構本店1階)
公開形式一般公開・無 料
定 員200名
開催趣旨  地球温暖化が進行する中で、近年、かつては経験したことのないような局地的集中豪雨やゲリラ豪雨など異常な降雨現象が観察されるようになってきた。平成27年9月に発生した関東・東北豪雨では、24時間雨量が500ミリを超えており、鬼怒川が決壊した結果、死者2名、負傷者40名以上の人的被害のほか、全半壊家屋5000棟以上という甚大な被害を受けたことは記憶に新しい。そこで本シンポジウムでは、水害リスクが上昇している中で、浸水被害に対する住宅・家屋といった不動産の安全をどのように確保することが望ましいか、可能性と具体的な対策を議論したい。
  
プログラム1.基調講演  
   福岡捷二  (中央大学研究開発機構教授、国土交通省社会資本整備審議会前会長)
2.パネルディスカッション
   パネリスト:
   安藤至大 (日本大学総合科学研究所 准教授、(公社)日本不動産学会理事)
   磯村篤範 (島根大学法務研究科教授)
   姥浦道生 (東北大学大学院工学研究科准教授)
   川島宏一 (筑波大学システム情報系社会工学域教授)
   コーディネーター:
   中井検裕
    (東京工業大学環境・社会理工学院建築学系教授、(公社)日本不動産学会常務理事)
下記@〜Dをご記入の上、メールまたはFAXでお申し込み下さい。ご参加いただける方には、メールまたはFAXにて参加票をお送りいたします。
参加票は開催日当日にお持ちの上、受付にご提出いただきますようお願いいたします。
    @催し物名称 (「6月1日シンポジウム」と記載ください)
    A氏名
    B勤務先・所属
    C区分(学会会員、共催・後援団体関係、一般など)
    DメールアドレスもしくはFAX番号(参加票の送付希望先)
  

  • <お申込・お問合せ>
  • 公益社団法人日本不動産学会 事務局